TEL. 047-394-8737

台湾路地裏歩きの旅

「台湾で素敵な文化を探したい」と思い、旅してみましたら、今まで知っている台湾とはちょっと違う、とても個性的な台湾を見つけることができました。

特に印象的だったのが路地裏。

オートバイが所狭しと停められた細い路地のあちこちに、個性豊かなお店やカフェやレストランが点在していて、観光地や大通りを歩いているだけでは決して出会えない、いくつもの素敵な風景に出会えました。そして、自由な発想でいろいろな店創りに挑戦している人達のパワーを感じることができました。

とかく閉塞感の強い昨今ですが、ここは一息ついて、台湾の路地裏でも歩いてみませんか?初めて訪れる方も、何度も訪れている方も、きっと生きるパワーと、素敵な何かを感じて頂けるのではないでしょうか?

 

個性的なゲストハウスに泊まる

台北の路地裏で、とっても素敵なゲストハウスを見つけました。オートバイがずらりと並んだ小道の影の、何とも古めかしい扉を開けて、薄暗い階段を2階へ。こんな所にどんな宿があるのかと、半信半疑で扉を開けてみると・・・・「えっ、フランス?」

と思わず錯覚してしまいそうな素敵な空間が広がっています。それもそのはず、この宿のオーナーのグレイスさんは大の旅好き。特にフランスは一番のお気に入りだとか。グレイスさんが世界各地を旅している中で、気に入ったアンティーク家具や小物を集めてとっておきの空間を創り出したのがこの部屋。 何とも素敵で、心地の良い部屋に仕上がっています。 部屋数はたった2つ。気に入った人にだけ泊まって欲しいという、本当にとっておきのB&Bです。部屋を大好な形にする幸せ・・・きっとそんなことを感じて頂けます。

茶芸館って知ってますか?

台湾はお茶文化がとても発達した国です。国内には様々なお茶の産地がある他、中国本土からも多くの上質なお茶を輸入しています。そんな風土の中から生まれたのが「茶芸館」とういスタイルのお店。基本的には喫茶店のような感じですが、台湾流のお茶の作法とともに供される上質なお茶は、心地よい時間と空間を演出してくれます。

最近ではお茶に加え、上質な食事を提供するお店も増えてきています。今回特に感動したのは、標高800mの山中にある、何とも幽玄な雰囲気の茶芸館。ここでは日本の茶懐石のようなスタイルで、丁寧に作られた独創的な料理を、2時間以上かけ、ゆっくりと味わうことができます。飲物も含めて全部で11品提供された料理は、どれもアイデアと挑戦に溢れるとても手の込んだ逸品で、しかも美味。オーナーの林さんは日本とも親交が深く、京都の文化と禅の精神を台湾のお茶と料理文化に融合し、独自の茶芸スタイルを創造しているのだとか。ひとりの人のお茶への想いが、全く新しい価値を創り出していく・・・何とも素晴らしいことです。いつも予約で一杯の超人気店であることも納得です。是非一度お試し下さい。

台北郊外の町に出かけてみる

台北からバスに揺られること1時間半。海に面した急斜面にある小さな村「九分(チョンフェン)」は、かつて金鉱の町として栄えましたが、廃坑後は衰退の一途をたどりました。

そんなすたれた村が再び脚光を浴びたのは、台湾映画「非情城市」の舞台になってから。古き良き時代の台湾の姿を残していた九分は、その後観光地となり、内外から多くの人々が訪れるようになりました。宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」でも舞台の村のイメージになったことで知られています。メインストリートの基山街には、土産物屋や飲食店が軒を連ねとても賑やかな雰囲気。

くねくねと曲がった細い道から、更に細い路地が分かれていて迷路のようです。一番の見所は、急な階段の両側に昔ながらの建物が並ぶスーチールー。レストランや茶芸館に混じって、かわいらしいアーティストの店などもあります。この村を訪れたら是非、眺めの良い茶芸館でゆっくりとお茶を楽しんで下さい。きっと素敵な時間が過ごせることでしょう。

BGM by Yuki/La Fontaine du Piano

旅するような人生を トラベラーズ・カフェ

千葉県知事登録旅行業第3-588号

全国旅行業協会会員/千葉県旅行業協会会員

〒271-0068 千葉県松戸市古ヶ崎116-5

TEL:047-394-8737  FAX:047-394-8738 Eメール

営業時間:月~金 9:30~18:30(定休日:土日祝)

総合旅行業務取扱管理者:四ッ谷 和好

copyright © 2017 Traveler's Cafe  all rights reserved.